神功気功 中国少林気功センター 東京都武蔵野市



















































養成コース
気功指導員養成コース
プロの気功指導員の育成
授業料は一回6000円。一回ごとの支払いです。
授業の時間は一回1時間30分。(学習の時間、曜日は相談します。)
カリキュラムの内容は充実且つ豊富です。
内容は、「神功気功」ホームページ「気功学習の内容の一部」を参考にしてください。
修了後、修了証書発行、カルチャー教室、よみうり文化センターなどを紹介します。
学習の回数は、生徒のレベルに応じて考えます。
学習回数は、一般的に35回から40回程度です。
授業料を一括でお支払いいただく場合、8%割引。
短期修得コースもございます。
価格は税抜価格となっております。
気功指導員コースの流れ

気功レベルアップのコース
自分の気功レベルを今よりアップしたい方。
他の気功教室で学習経験があるが、もっと充実させたい方。
気功を理論的にさらに深く理解したい方。
自分と大宇宙との一体感を得たい方。
自分が学習したい気功の内容や分野を要望することもOK。
授業料は一回6000円。一回ごとの支払いです。
授業の時間は一回1時間30分。(学習の時間、曜日は相談します。)
カリキュラムの内容は充実且つ豊富です。
修了後、修了証書を発行。
学習の回数は、生徒のレベルに応じて考えます。
価格は税抜価格となっております。

気功師養成コース
プロの気功師の育成
入学金なしで、授業料36万円。
学習は、全15回で練習時は授業料無料
自分のレベルアップにつながる、充実した、効果的な学習内容
さまざまな難病を回復する方法を丁寧に教えます。
大宇宙のエネルギーをもらいます。最小限のエネルギーが使えます。
自分の気功パワーをアップするための有効な方法を教えます。
未経験の方でも、プロの気功師になれます。
学習時間は一時間半、曜日と時間帯は相談できます。
修了後、修了証書を発行。開業に際しての指導もします。
短期速攻法コースもあります。
価格は税抜価格となっております。
気功師養成コースの流れ


★気功整体師養成コースもあります。

気功指導員の感想文
夢を実現できた!
―気功指導員コース成長の道―Aさんの感想文

私が、気功に取り組んだのは、婦人科系の病気がきっかけでした。病気自体は、まだ、抱えたままですが、生命に差し障りのある病気ではないのであせらず向き合っていくつもりです。気功を行っていくうちに、病気でも前向きにとらえる精神的な成長ができたことと体全体の体調が整い健康美?!を得ることができたことが大きな収穫でした。

<気功を実践する過程で感じたこと>

最初に感じたことは、気功は、心と体がひとつになる感覚を導いてくれることです。少林養生気功などで、呼吸と動作を一致させることに集中できてくると、ちょっと大袈裟ですが、心の底から生きていることの喜びが湧き起こるような充実感が得られました。部屋の窓を開けて気功をしているとなんだか「幸せ〜」という気持ちになります。とても心地よい感覚です。体が弛む感覚や心がほっとするような気持ちになれるので気功が好きになりました。また、鶴をイメージした動作では、そのものになりきることで表現する楽しみを感じました。鶴や木や雲などになりきることは、日常生活から開放され心が純化していくようでした。毎日続けることで心が穏やかになると、自分の気持ちに正直になれ、ありのままでよいし、今のままでいいこともわかりました。気功は私を表現できる手段としてあっているかもしれないと感じました。
気功を続けていくと、「気」の感覚が強く感じられるようになりました。富士山の白糸の滝へ旅行した時の体験は印象的でした。何も意識していないのに突然、指や手、労宮がしびれはじめました。初めての感覚でした。足の方まで全身でビリビリする感覚。この不思議な経験で、確かに「気」はあるんだ!と実感できました。それ以後、松林や神社など気がたくさんある場所では、自然に労宮がビリビリするようになりました。旅行は、自然が豊かで神社仏閣など「気」のパワーを得られそうなところに好んでいくようになってしまいました(笑)。気功はツボを開き経絡の通りをよくすることができ、潜在能力の開発もできるという沈先生の教えを受け、もっと「気」のパワーを感じられるようになりたいと練功に励むようになりました。
精神的な成長という点では、何か困ったことが起こっても、あわてないでうまくいくようによいイメージをもって対処できるようになってきたかなと感じています。中国の伝統的な陰陽論の考え方は、陰もあれば陽もある・・・物事を陰陽で考えると、一見、マイナス要因でもプラスの見方ができるようになります。どちらかが、悪ではなく、両方のバランスをとることが大事なのだと思います。世の中、人生に照らし合わせても、そのとおりだなと感じています。病気にならなければ気功と出会うこともなかったと思うので、病気にも感謝の気持ちを持っています。


<自分一人だけでなく、たくさんの人が元気になれますように!>

日常生活では、なるべく気功を活かすように意識しています。家事をしながら、なるべく腹式呼吸をします。電車などの移動時間は、手を按摩したり、意守丹田法や小周天で気を充実できるようにしています。疲れて体を動かしたくない時は、足裏をマッサージしたり放松功でリラックスするようにします。まだまだ、ダラダラと無駄な時間を過ごしてしまうことも多々ありますが、以前の自分に比べたら、かなり自分の体を大事にするようになれました。おかげで腰痛はすっかりなくなってしまいました。疲れたり、痛みのある時は、労宮をこすって手をあて自分をいたわるようにしています。風邪もひかず、疲れが翌日に残らなくなり、体調がとてもよくなったことを実感しています。肌のツヤがでてきて、とても元気そうだ!と久しぶりに会った人に言われうれしかったです。
自分の健康に自信がもてるようになると人の役にもたちたくなるものです。気功指導員コースを修了し、気功教室の皆さんと出会う機会を得ることができました。「体がすっきりしました!」「とても気持ちよく気功ができました!」など皆さんの感想をうかがうととてもうれしいし、大きな支えになります。チャレンジしてよかったなとあらためて思います。
万物は「気」でなりたっていて、私の中にも周りの人にも「気」があり、みんなつながっている!と想像すると楽しい気分になってきます。自分も周囲の人たちも健康で心が穏やかに生活できることを願いながらパワーアップできるように気功を続けていきたいと思います。 沈先生これからもご指導よろしくお願いいたします。  
大宇宙のエネルギー感じた!
―気功指導員コース成長の道―Bさんの感想文

  気功を沈先生に習い始めたのは2001年10月から。始めた頃は、自分がインストラクターを目指すなど、思ってもみなかった。更年期で、原因 は無いのに体調が悪い、気持ちが沈む、といったことが続いていた。このままでは、本当に病気になってしまう、何かはじめなければ、と新聞の折込などを見ているときに、カルチャーの気功教室を見つけた。それが、沈先生の教室だった。しかも、1月に新設した教室。縁があったとしか言いようが無い。とにかく、休まず教室に通うこと、これが最初の目標だった。 続けているうちに数年が過ぎ、宇宙のエネルギー、気を実感し、体調も気力もコントロールできるようになっていた。自分と同じように体調を崩している方たちに、このような体験を教えて差し上げられると良いな、と漠然と思うようになっていた。しかし、平日はフルタイムの勤務のため、インストラクター養成コースへの参加には踏み切れなかった。そんな折、先生から数年の経験があるのだから、復習しながらやってみてはどうか、とアドバイスを受け、気長にやってみる事にした。 しかし、自分が思っていたほど覚えていない、理論的な事を覚えていない。覚えたかと思うと忘れる。そんなことを繰り返し、先生には「年齢的に覚えが鈍くなるのはしかたが無い、気功をやって能力UPをするのです。」などと励まされながら、何とか、修了までこぎつける事ができた。野外活動では、沈先生の遠隔のエネルギーを体感、勝手に動く自分の体にますます“気”の不思議を感じている。数千年の歴史を持つ、気功。これは、いったい何なのかを更に追求したくなっている。 さて、これから私の目標は、“初心、忘するべからず”。気を初体験した時の気持ちと同じ体験を皆さんに体験してもらう事。心身ともに自ら健康管理が出来るように、指導が出来るようになる事。大宇宙のエネルギーを受けて生かされていることを実感してもらう事です。 最後に、沈先生、これからもご指導、どうぞよろしくお願いいたします。


気功整体師の感想文
私も気功整体師になれた!

―気功整体師コース―Dさんの感想文
気功整体レッスンは2009年6月4日に始まり、同年8月6日に無事終了を迎えた。おそらく通常は1年位かかる内容を約2ヶ月で終えた訳だからまさに超特急でほとんど毎日講義および実技を受けた。 それは私たち現代日本人が受けているマス・プロダクション的教育とは全く逆のアプローチであった。
“まさに寺子屋!!。”
 講義設備と言えば沈先生ご自身、ホワイトボードと生徒である私自身のレッスンと実技連習である。テキストもない。そしておそらく無い方が良いと思った。沈先生の熱のこもった一言一言が“秘伝の伝授”と言う境地(武士の師と弟子の境地のような気持ち)で臨めた。
気功整体の理論は基礎的なもの:
・整体施術手法の取得
・経穴(つぼ)の理解
・それぞれの疾患に合った手法とつぼの取得
が中心であった。気功整体の理論(基礎の基礎)を理解するのは先生の丁寧な説明のおかげで分かりやすかった。 ただ、それらの実技練習となると難しいものがいくつもあった。例えば肩グウのつぼでも人が座った状態とうつ伏せに寝たときの状態では、 位置が微妙にズレて見える。つぼの位置は何回も経験してみないと正確には身につかないものだと思う。
整体の手法も200種類位あると聞いたが、実際用いるのは20種類位でありそれらを中心に学んだ。 つぼは365程度ありこれも疾患に対応づけて代表的なものを理解することが重要であると認識した。 また中国の医学の理論は深く膨大であると聞いている。将来中国の古典にも挑戦したい。 (思えば現代日本人はかくも価値ある伝統東洋医学の財産を隅においやったのかと思い知らされる。)
実技の後半になっていきなり予約無で患者さんが沈先生に診てほしいとたずねてきた。特に膝が痛いと言う。 先生は気功療法を進められた。そして先生はその患者さんに私に膝のつぼを施術するように指示された。 私は練習で習った通り試みた。7分程度の施術であったが、私にとっては生れて始めての体験であったので非常に興奮した。 私のつぼへの施術の後、先生は気功療法なされ、その患者さんは満足して帰られたとお聞きした。 人の患部を癒すとは、こういうことなのかと思いながらも不思議な高揚感だった。
講義半ばの頃向学のために、他の中国気功整体、リフレクソロジー、タイ式マッサージを訪問し施術を受けてみた。 結果として沈先生の気功整体が一番効くことを改めて実感/確信した。
今までは自分の気功整体院を立上げオープンにこぎつけた。自分の気功師としての人生が始まった。 今後の展開は未知数ではあるが、今は患者さんに信頼される気功師になれるよう決意をあらたにしている。
最後に、先生の講義の中で言われた言葉:
“苦尽甘来”(クーチンクァンライ??)<苦労すれば幸せが後でやって来ると言う意味>
は、私の子供達にも伝えたいメッセージでもある。 以上、


気功師の感想文
私にもできた!―気功療法の可能性―

―気功師コース―H.Kさんの感想文
私は、気功インストラクターコースを修了し、気功教室で指導者の立場として気功に関わるようになった。そうは言っても、「気功」への理解はまだまだであり、人間の身体・健康についてより理解を深めたいと思い、気功整体コースと気功療法コースを修了した。
 気功をやり始めたきっかけが、「健康を取り戻したい!」だっただけに、自分が人の痛みや不調を改善するお手伝いができるとはなんともうれしい変化である。気功整体・気功療法の実践をつむなかで、患者さまから、「気持ちよかった」「楽になった」の声を聞くことは本当にうれしい。いつまででもやっていたくなってしまう。人様のお役に立てることが喜びである私にとってとても価値ある技術を学ぶことができた。
  「気通じれば痛まず」の理論により、気功療法で痛み・不調・病気の改善ができることは、自分や様々な人の体験を見聞きしわかっていたが、それを自分ができるかどうかについては、半信半疑であった。気の感覚は、気功練習により高まっていたと思うが、正直パワー不足だ。それでもできるのか?
  気功療法コースは、整体コースの技術も活かされる。患部を触らせてもらいながら、痛みや硬さ・張りなどを確認し、気功療法を行う。気功療法の前後では、未熟な私でも、硬さが和らぎ、張りがとれ、実際に受けた相手の人も「いくらか痛みがうすれた…」という変化が、実感できた。このような体験を繰り返しながら、「もしかして、私でもできるの?!」という気持ちが強くなってきた。
  気功療法コースは、気の流れを整えたり、邪気を取り除いたり、よい気を入れたりする方法を学んでいく。また、大宇宙とつながって気のパワーを使わせてもらう方法も学んだ。これは、一つの技術なんだ。だから、だれでもできる。しかし、その人の気功レベルやパワーによって改善効果に違いはある。技術練習を繰り返しながら、改善効果の手ごたえもアップした。これは、誰でもできるのだから、すごい技術だと改めて感心する。
  練習中の段階では、とにかく施術の練習をしたいので、友だちに協力してもらった。慢性的な腰痛と疲労が蓄積されている友だちにまず、気功整体で全身をほぐした。「とてもすっきりして猫背の背中がこんなに伸びる!身体がかるくなった!」と喜んでくれた。喜んでいたのもつかの間、その後、ひょんなことから腰をひねってしまったようで、かなりの腰痛が彼女をおそった。なんとか歩けたが、横になるのもやっとの状態であった。明日からの日常生活にも支障をきたす状態であった。私は、整体で気持ちよくなってもらえたのに、また痛みを抱えてしまうとは残念でならず、その時はまだ自信のなかった気功療法をためさせてもらいたいと彼女に頼んだ。整体の手技で患部をさわってもかなり痛みがあり、整体では収めることが無理であった。友人は、以前、坐骨神経痛を改善したいと整体院に通ったが、かえって痛めてしまった経験があり、まだまだ素人の友人に任せるには、かなり不安があった。触らないでといわれたが、触らない方法で試してみるからとお願いして、つきあってもらった。彼女にしてみればなんとも不安で心細い状況だったと思う。痛みの場所を確認し、邪気を捨てる方法と気を入れる方法を試みた。やっている本人も一か八かの状態であったが、彼女の痛みをなんとかしたい!!という一念で逆に集中して行えた。これ以上は、彼女に付き合ってもらうのも申し訳なかったので、10分程度で終わりにした。彼女がゆっくり、痛みをかばいながら起き上がった。「??!・・あれ?痛くないかも!」「え?」当然痛みがあるはずと思って起き上がった彼女であったが、起きてみると腰をおこして正座ができた。驚いたのは、私の方である。「え〜 本当に大丈夫なの?!」この時の気持ちは、嬉しさがこみ上げてきて涙ぐんでしまった。腰痛もちの彼女の経験からすれば、かなり厳しい痛みであったそうだ。しかし、痛みが急性であったこと、そして友人同士で気もあっていたのだろうか、気功療法の効果が抜群であった。翌日以降も、痛みがぶり返すことはなく、ありがとね!と感謝のメールが届いた。私も友人に感謝である。この経験を通じて「どうやら私でもできるらしい!」と後半の実習に自信をもって取り組むことができた。
  気功療法コースの学習以外のことであるが、先日、沈先生の気功教室に通うさまざまなクラスの生徒さんたちの合同練習会が行われた。その中で、私は、不調や病気の場所を手で感じながら探る課題に取り組んだ。初めてのことであったが、相手の方の身体に手を近づけて感じてみると、何箇所かとてもビリビリし吸い寄せられるようなところがあった。それを伝えると相手の方の不調の部分とほぼ一致しており、感じとることができた。また、沈先生のパワーを先生からいただいた扇に受け止めて相手の痛みを癒す課題では、その扇を自由に動かしながら、首肩のこり・つまりを改善できた。扇が首肩に吸い寄せられるように動いていくのは不思議な感覚だった。このような「気」による痛みの改善を目の当たりにする不思議な体験がつづき、気功療法の可能性をおおいに感じている。「気」は万能ではないので、治らないものもある。病気のできた原因は複雑であり、長期にわたって形成されたものは、すぐにはなおらない。生活習慣を見直して自分で痛みを治す姿勢がとても重要である。そのお手伝いとして気功療法で痛み・疲れを解消できることは自分で治そうという人の大きな支えになるはずだ。仕事疲れを溜め込まないうちに、気功療法でリフレッシュすることも大いに利用してほしい。  今後の課題としては、やはり気のパワーアップ。たくさんの方々との気の交流をしていくためにもパワーアップは欠かせない。そして、不調の箇所や原因までを感じ取れるようになれたらいいなと思う。自分では、痛みや苦しみがなかなか相手に伝えられない人にも癒しが提供できるようになりたいと思うからである。
  沈先生には、いつも自信を持ちなさいと言われ励まされ、やる気にさせてもった。相手の方の健康・幸せを願う気功療法は、とても魅力的な療法である。
  これからもご指導よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
中国少林気功センター